2017年10月04日

ビッケと空とぶバイキング船 

ビッケと空とぶバイキング船 (評論社の児童図書館・文学の部屋)
ビッケと空とぶバイキング船 (評論社の児童図書館・文学の部屋)

会話が多いと文字数少なくても行数は増えるからか、ページ数稼いでるんじゃねえの?って位にくどい所もこの巻は多い。

子供向けの平易な書き方にしてるのに、これだけくどくどしい感じがするのは、リフレイン技法というよりも下手くそかよって感じを受ける。


原作とアニメ作中のフラーケ族の比較だが、
原作側で力持ちとされているゴルムの役回りがアニメ版だと大きなファクセがしていた活躍にあたるような気もする。

TINY HUGE LINE 小さなバイキング ビッケ 第1弾 ビッケ/ウローブ/ファクセル (ノンスケールソフトビニール塗装済み完成品)
TINY HUGE LINE 小さなバイキング ビッケ 第1弾 ビッケ/ウローブ/ファクセル (ノンスケールソフトビニール塗装済み完成品)

アニメのゴルムは「かーんげきー!」って口癖のキャラだし。
原作のウルメは敵として出てくる王にたいしてゴマすりな詩を詠んでおだてる事などで活躍したりはしてる。

オーガニック TINY HUGE LINE 小さなバイキング ビッケ 第3弾
オーガニック TINY HUGE LINE 小さなバイキング ビッケ 第3弾

原作のチューレはビッケやハルバルの批判もするけど自分で代案を出せないタイプの人間として描かれているが、アニメ版ではチューレと仲が悪くてケンガばかりしているスノーレの方が滝口順平さんの声でチクチクと嫌味を言ってた印象もあるので、コレもキャラが逆転している感じがある。
原作のスノーレはビッケの親友でピンチを体力側で救ったりもしてる。

TINY HUGE LINE 小さなバイキング ビッケ 第2弾 チッチ/スノーレ/チューレ (ノンスケールソフトビニール塗装済み完成品)
TINY HUGE LINE 小さなバイキング ビッケ 第2弾 チッチ/スノーレ/チューレ (ノンスケールソフトビニール塗装済み完成品)

原作ではブレーデって名前のついてるフラーケ族が出てきてるけど、アニメにはレギュラーキャラでは存在しない。原作側も少なくともこの巻までの間では二言台詞があるあけで、ほぼモブ。

ビッケと空とぶバイキング船 (評論社の児童図書館・文学の部屋)
ビッケと空とぶバイキング船 (評論社の児童図書館・文学の部屋)

posted by wolf_howling at 13:04 | Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日の遠吼え
































posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

2017年10月02日の遠吼え




posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

2017年10月01日の遠吼え










posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

ビッケと赤目のバイキング

ビッケと赤目のバイキング (評論社の児童図書館・文学の部屋)
ビッケと赤目のバイキング (評論社の児童図書館・文学の部屋)

学研版の「小さなバイキング」は大昔に読んだんだけど

小さなバイキング (1967年) (少年少女・新しい世界の文学〈1〉)
小さなバイキング (1967年) (少年少女・新しい世界の文学〈1〉)

評論社が復刊したあと、全六巻で出したのがある事はしってたけど、読みそびれてたのをふとした機会で見つけて読んだ。

短い話を複数収録してる形式なんだけど、章の見出しによって、複数の章で一つの話だったり、1つの章だけだったりバラバラなのは原作がそうだから?
学研の方はそんなよみづらい構成や章立てでなかった気もするんだけど。

ページ数の関係でだかは知らないが、ラストに短い話をねじ込んでる構成だと、ラストが一番盛り上がらない小話って事になる。

でもまあ話や言い回しが面白いので、そんなには気にならないけど、一般的にはちょっと違和感がある構成だなと。
巻末に売れなかった読み切りだのをねじ込む事でページ数を稼いでる昔の少女漫画単行本とか思い出す。

素で笑ったのはハルバルの弟が鬼嫁にイビられてて、怒ってテーブルを叩こうとしたところを引っ込められて腕を折ってしまった後に、

>フラーケの女の人だったら、テーブルをひょっとどかすなんてことは、けっしてしないにちがいありません。

かのじょたちは、おこって、刃物を持ち出すかもしれないし、パンを焼くときに使う棒や、バーベキューに使う鉄のくしを使う事はあるかもしれません。


って、そっちのが刃傷沙汰だよ!WWW

原作読んでみて驚いたのがアニメOPテーマの「ビッケは小さなバイキング」の2番で、
スベンはいいけど、スベルケルって誰よ?って思いながら長年、カラオケで歌ってたのだが、

>ビッケは小さなバイキング 栗葉子/ザ・バイキング 歌詞情報 - うたまっぷ
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=T00438

この本で「ダブリンのスベルケル」ってのが出てきて「お前かよ!」って長年の謎が解けたW

ZUIYOアンソロジー
ZUIYOアンソロジー

それとハルバルのセリフに

お前が考えると、火花がとびちるところを見せてやるがいい


ってのがP.200書いてあって、原語ではどういう記述なのかは知らないが、アニメも実写もCG版も例の一頻花の下を人差し指でこすった後に「そうだ!」ってアレはこのことだなと。

多くの方々がそうであるように私もビッケをアニメから認知した訳だが、フラーケ族の面子は2巻目になったらボチボチ出てきてる感じだけど、アニメの印象が強すぎで逆に違和感がW

アニメ版だと滝口順平さんが声をあててたスノーレが原作では副官なのね。
チューレといつもいがみあってケンカしてるイメージしかなかったW

ウルメは此方でも詩人だけど。

一番印象が違うのがゴルム。
勇者のゴルムって書かれてるけど、イメージかわかない。
だって「かーんげきーーー!」って八代駿さんの声で言ってジャンプして足の裏同士をパチンと打つってあのリアクションの印象が強すぎる。実写映画版でもやってた位だし。

実写版や3DCG版ですら彼らは関修一さんがキャラクターデザインしたのを踏襲してる見た目で、行動もそう。

小さなバイキング ビッケ DVD-BOX1
小さなバイキング ビッケ DVD-BOX1

小さなバイキング ビッケ [DVD]
小さなバイキング ビッケ [DVD]



実写版は特殊メイク使ってまでアニメのキャラデザインに似せてるからね。

原作側の脇役たちは、名前はあるけど挿絵でも見た目の区別つかないもの!

ビッケと赤目のバイキング (評論社の児童図書館・文学の部屋)
ビッケと赤目のバイキング (評論社の児童図書館・文学の部屋)

posted by wolf_howling at 22:51 | Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日の遠吼え


























posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

君主論 (まんがで読破)

君主論 (まんがで読破)
君主論 (まんがで読破)

このシリーズ、孫子は酷すぎたけど、

>孫子の兵法 (まんがで読破) 古典と全く無関係なデタラメ中華風の妄想マンガ
http://read.seesaa.net/article/452761813.html

孫子の兵法 (まんがで読破)
孫子の兵法 (まんがで読破)

これもある意味で似たようなもんだな。
「君主論」じゃなくて、ただの「マキャベリ伝」だし。

時代背景説明を追加してるのはいいけど、
皇帝ってノドに説明要るか?と思いつつ見れば、
「古代ローマを統治する大統領のような存在」って
「ウソ」じゃん!

これアメリカ大統領が日本みたいな「属州」も支配してるみたいな皮肉か?(苦笑)

しかも教皇領ができたのはカール大帝の親の「ピピンの寄進」からだって高校で世界史取ってれば絶対に習うレベルだろ!

幾ら「たかがマンガ」にせよ12ページ目と13ページ目で早々に大嘘を羅列されると、その後に続く内容も「どーせこのマンガは全滅だろ」って早々に判るわな。

P.158なんてロレンツォ・デ・メディチの息子達に

三男 心優しきジュリアーノ
次男 畏きジョバンニ
って書いておいて、隣に
三男 愚かなピエロ
って書いてある。

何で三男が二人いるんだよ! 長男って言葉知らないのかよ! どっちが愚かだよ!

知識や常識以前に編集者も全く仕事してねえな。

フィレンツェ史(上) (岩波文庫)
フィレンツェ史(上) (岩波文庫)

作中でマキャベリが持ち上げてるチェーザレ・ボルジアにせよ、「マジョーネの乱」起こされたりで、別に優れた人物でも政治力がある人物でもなんでもない。「普通以下」レベルのただの「暴君」だろ。普通以下程度が凄く見えるって事は見てる側がゴミって事だよ。
このマンガだと妙な描かれ方してるルイ12世の走狗にすぎねえじゃん。

チェーザレ・ボルジアを知っていますか?
チェーザレ・ボルジアを知っていますか?

しかもフィレンツェ攻略しようとチェーザレ・ボルジアがしたのを仲裁したのがルイ12世だろ。
作中だとチェーザレ・ボルジアが訓練した民兵ガーとか言ってるが、チェーザレ・ボルジアが実際に率いてて反乱起こされたのってコンドッティエーレ=「傭兵」だろ。
マンガの都合で史実をあまりにも歪曲してる上に非論理過ぎる。

しかも、その反乱鎮圧した武勲のある部下をわざわざ頭から真っ二つにして吊るし首にするパフォーマンスで事態鎮静化をはかるって事は、ただの自己責任逃れの為には成果を出している味方ですら犠牲にするクズにしかすぎないわけで。

親の教皇が熱病で死んで、自分も病気になったのが「運」だと?

違うね!!!

自分の健康管理もできない奴がリーダーだの、君主だのにはふさわしくないってだけだろ!
というか一説には毒を盛られたって話まである。
つまり、残虐にやりたい放題やった奴はそういう目に遭うって事だ。


何より間抜けなのがライバル教皇と密約をかわそうとして捕縛された事。
(この点も、マンガの描写は史実からすれば虚偽)、
その後に弟殺しの罪でパクられた後に逃亡するも戦場で野垂れ死にしてるのがチェーザレ・ボルジア。
これまたこのクソマンガは其処もぼかして胡麻化してる。

何よりチェーザレ・ボルジアが君主に相応しくない一番の要素は、
政敵や教会関係者を次々と粛清し財産没収を繰り返すなどの愚行を繰り返した事。
「多くの人から恨みを買うようなことを散々繰り返してる事」こそが奴を滅ぼした。


自分の意見は通しながら、誰からも恨みを買うことなく丸く収める力こそが「政治力」だろうが!!!


つまりエゴイストの無能ボンボンが責任逃れをしただけなのを賛美するってサイコパスがマキャベリズムそのもの。
無能を無能とせず賛美する思考停止。
つまりは「君主論」でなく「衆愚論」だろと


キチガイや罪人相手じゃなければ敬意を払う事はある程度のマナーだ。
しかし、いい年こいてるのにダメ人間に心酔するような奴に一角の人物になるようなのはいねえよ!

あと、この作中のマキャベリもやたらフィレンツェはダメだダメだって言いいまくりだけど、
「おめーも当事者だろ無能!」って話で。

何より真っ先に無能なマキャベリがサイコパス書物を出したにせよ、
コイツ自身は「君主どころか、人生の成功者ですらねえだろ」って誰もがツッコミを入れなければいけない所だろ。

外務官僚マキァヴェリ
外務官僚マキァヴェリ

中曽根って政治家は座右の書を「君主論」だって公言してたけど、
奴は国家元首でありながらロンヤス外交どころか風見鶏って言われてた。

田中角栄と中曽根康弘 戦後保守が裁く安倍政治
田中角栄と中曽根康弘 戦後保守が裁く安倍政治

原発推進してた元首相が今は党を外れて手のひら返して原発反対だの言ってやがるけど、奴の時にポチ外交って言葉が出来て、挙句の果てあのバカと腰ぎんちゃくは北朝鮮の将軍に米までくれてやってた雑魚だからな。

池上彰が読む小泉元首相の「原発ゼロ」宣言
池上彰が読む小泉元首相の「原発ゼロ」宣言

永田町の暗闘 日本を裏切った政治家たち
永田町の暗闘 日本を裏切った政治家たち

近々選挙だが、民主主義なのか、衆愚政治になるのかは選んでる側にも責任がある。
このマンガ作者の描くマキャベリみたいに「日本はダメだ」とかいいまくってて、でも何も具体的には打開策を出せないようなのを愚民っていうんだよ。

北朝鮮に断固とした態度だの、何年も同じことを馬鹿みたいに散々口だけでくりかえして、実態は放置してただけの結果がICBMやSLBM、核開発をこのレベルまで進められちゃう奴がいる。

財政再建って言いながら国の借金を増やして若い世代と未来に負担を丸投げする老害。
本来は福祉目的税だった消費税を導入したあとは福祉を削って借金返済に使ってるような嘘吐き。

そういう過去に実際に散々やらかしてきた奴らは歴史から学んで選ばないって当然の行為は最低限でも必須だろう。

資本論/君主論 (まんがで読破Remix)
資本論/君主論 (まんがで読破Remix)

posted by wolf_howling at 10:07 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日の遠吼え






























posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

2017年09月28日の遠吼え










































posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

2017年09月27日の遠吼え




























































posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の記事