2019年11月23日

2019年11月22日の遠吼え




























posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月22日

柳生忍法帖(下)山田風太郎

やっぱり魔界転生は超えられなかった。

柳生忍法帖・下 (講談社ノベルス)
柳生忍法帖・下 (講談社ノベルス)

上巻はテンポ良く話が進むから割と読めるけど、

>柳生忍法帖 (上)
http://read.seesaa.net/article/471009742.html

柳生忍法帖 上 山田風太郎忍法帖(9) (講談社文庫)
柳生忍法帖 上 山田風太郎忍法帖(9) (講談社文庫)

既に上巻つまりは前半だけで仇となる会津七本槍のうち、5人と犬3頭が倒されてるので、
「下巻とのバランス悪くねえか?」と思っていたら完全にその通りになった。

下記の表紙は犬をつれてないどころか7人いないんだけど、何故、この絵にOK出した?

柳生忍法帖〈下 会津雪地獄篇〉 (時代小説文庫)
柳生忍法帖〈下 会津雪地獄篇〉 (時代小説文庫)

柳生十兵衛用に更なる最強ボス敵を追加したものの、堀家の7人の女性に敵討ちさせるルール縛りが結局はムリゲーで破綻してる。

>「ゆるしてくれいよ」
>十兵衛はさけんだ。


ダメだね!!!

絶対に許さない、絶対にだ。


中途でルール放棄していいなら、
何も会津まで持ち越さないで江戸の地下室に放火して仇を首謀者含め全滅させて終わりで済むじゃねえか!

その下らない自己満足の為の引き延ばしがあったせいで、おとねは犠牲者になった訳だし。
会津の花地獄、雪地獄、娘狩り、首合戦、石牢の犠牲者も出さずに済んだ。
7人の女を生き延びさせる為に捨て駒となる沢庵の弟子たちの命の方は明らかに軽視してる。
七本槍と違って、芦名宗にだって加藤明成に全員が大喜びで仕えていないかもしれないし、芦名宗にだって家族もいるだろう。
だとしたら、芦名宗からすれば十兵衛や堀家の女7人は「仇」として殺されても仕方ない立場になるよなー!

これ7人のワガママ通す為に敵味方や無関係な人々を含めて数百人の犠牲者だしてる。
なのにWikipediaには
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B3%E7%94%9F%E5%BF%8D%E6%B3%95%E5%B8%96#%E4%B8%BB%E3%81%AA%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%BA%E7%89%A9
>珍しく大団円の作品


だの書いてあって、連想や思考能力皆無の奴がチラ裏の個人的読書感想文で記事書いてやがるなと。

原作の魔界転生も映画版と違って不快極まりないのは、魔界衆が如何に超人集団とはいえ、柳生十人衆を捨て駒にする前提でのバトルでしかないのが殆どだし。

魔界転生 山田風太郎ベストコレクション【上下 合本版】 (角川文庫)
魔界転生 山田風太郎ベストコレクション【上下 合本版】 (角川文庫)

山田風太郎は捨て駒を美徳か何かみたいに思ってるのかもしれねえが、
他者の犬死=犠牲を前提にしてるのなら、
それは実質は勝利じゃねえからな!


連載ものだから引っ張るつもりで人数を出したのかもしれないけど、そもそも女7人も出す必要がない!
なのに更に犠牲者に加えて、ヒロイン追加とかハーレムにしてもキャラを立てて描き分けできないのならやめとけ!

ハーレム設定といえば、表紙絵を色々と検索してみて下記が、そのハーレム状態を表している系で笑った(笑)

柳生忍法帖 下 会律雪地獄篇 (角川文庫 緑 356-5)
柳生忍法帖 下 会律雪地獄篇 (角川文庫 緑 356-5)

現代だと上の絵じゃ売れにくいと思ったのか田島昭宇に描かせたりもしてるけど、内容が全然伝わらないダメ表紙というか、絵として物語がないから猶更に角川版はダメダメだな。

柳生忍法帖 下 山田風太郎ベストコレクション (角川文庫)
柳生忍法帖 下 山田風太郎ベストコレクション (角川文庫)

その点、講談社の天野喜孝は妖しさが良く出ている。作中の誰を描いたかも解る。

柳生忍法帖 下 山田風太郎忍法帖(10) (講談社文庫)
柳生忍法帖 下 山田風太郎忍法帖(10) (講談社文庫)


作中でもシリアスとギャグっぽいところのアクセルとブレーキが現代の論理思考能力を身につけている読者感覚とは明らかに違う場面も多い。

人間が凍り付く程の雪地獄を逃げ出さないようにわざわざ近くで監視してる香炉銀四郎と漆戸虹七郎も凍えて死ぬんじゃねえの?とか。

鶯侍シーンもユーモラスや風情があるというより、深編笠を鳥かごとして被ってんのかよ!みたいで凄くマヌケだし。

十兵衛が牢内で、共に捕らわれている女性に食事を勧められて「…要らぬ」とか断るシーンも山田風太郎は「武士は食わねど」みたいなくだらない精神論側の価値観を良しとしたのだろうが、実利的に合理的に生きてる側からすれば「腹が減っては戦が出来ぬ」だろと。

「下らない意地」や精神論がこの作品を全て台無しにしている。

非論理といえば、ボス敵の銅伯が自分で「忍法なまり銅」って言うんだけど、

忍法って、お前「忍者」設定なのかよ!と現代だと思ってしまう。
70年代前半位までは自来也の巨獣召喚や、ギャグ漫画で何でも変身できる術のような「魔法」的なものを、凄くざっくりおおざっぱに「忍法」って称した表現をしてる様子なのだが、それにしたって幼児向けマンガにしても皆、使い手は「忍者」だ。
「忍者」じゃないのに「忍法」はねえだろと。

自来也忍法帖 (角川文庫)
自来也忍法帖 (角川文庫)

ラストで急に
木村助九郎=木村友重
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%9D%91%E5%8F%8B%E9%87%8D

出淵平兵衛
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%BA%E6%B7%B5%E5%B9%B3%E5%85%B5%E8%A1%9B

庄田喜左衛門=荘田教高
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%98%E7%94%B0%E6%95%99%E9%AB%98

村田与三
https://kotobank.jp/word/%E6%9D%91%E7%94%B0%E4%B8%8E%E4%B8%89-1114825

狭川新左衛門、が唐突に出てくる。

世に四天王とか呼ばれながら5人いる!

11人いる! [DVD]
11人いる! [DVD]

>【柳生一族、そして宗矩】その27:「柳生一門」の人々
https://hisane.hatenadiary.org/entry/20080629/1214753951
>・柳生四高弟(木村助九郎、庄田喜左衛門、狭川新左衛門、出淵孫兵衛、村田与三)

>「結局誰と誰と誰と誰?」柳生四高弟


日本武術神妙記 (角川ソフィア文庫)
日本武術神妙記 (角川ソフィア文庫)

ネタとして情報を集めたけど、バトル用途がなかったので出しときました感が凄い…。

あー、ちなみに銀魂の柳生四天王は「いちご100%」のパロディだからね(苦笑

第77話 昨日の敵は今日もなんやかんやで敵
第77話 昨日の敵は今日もなんやかんやで敵

いちご100% カラー版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
いちご100% カラー版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)


ともあれ魔界転生の怒涛の展開と比べると明らかに見劣りしてしまう。

魔界転生 [DVD]
魔界転生 [DVD]

魔界転生(上) 山田風太郎忍法帖(6) (講談社文庫)
魔界転生(上) 山田風太郎忍法帖(6) (講談社文庫)

posted by wolf_howling at 12:28 | Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日の遠吼え












posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

2019年11月20日の遠吼え
































posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

「天使にラブ・ソングを2」(1993年)

天使にラブ・ソングを 2 [DVD]
天使にラブ・ソングを 2 [DVD]

修道院を舞台にした1作目から学園ものサクセスストーリーに変えたわけだけど、
子供達はオーディションを潜り抜けてるので歌って踊れる一方で、主演のウーピー・ゴールドバーグ含め大人の役者側が歌えない踊れない動きも揃ってないってのが、コミカルには見えないで無様に見える。

でも、前作同様に冒頭では憎まれ役にあたる側が改心というか、姿勢が変わった際の演技とかが見事で、
日本語吹き替えも納谷悟朗さんを始めとし、安原義人、安西正弘、池田勝が良い味を出している。

エンディングでも割とノリノリで、ラストカットは多分に撮影終了との形で演者たちに好き勝手にお別れをカメラ前でやってもらっているであろうシーンが一番楽し気にできている。
天使にラブ・ソングを2 [Blu-ray]
天使にラブ・ソングを2 [Blu-ray]

posted by wolf_howling at 20:13 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファンタジア2000

ファンタジア/2000 [DVD]
ファンタジア/2000 [DVD]

冒頭はひたすら退屈。公開当時も評判はパッとしなかったけど、3DCG使えばいいってもんじゃねえよなあ。

ラプソディ・イン・ブルーから手描きカートゥーンの良さが発揮されて観れるものになる。

ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー、パリのアメリカ人、グローフェ:グランド・キャニオン(期間生産限定盤) - レナード・バーンスタイン
ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー、パリのアメリカ人、グローフェ:グランド・キャニオン(期間生産限定盤) - レナード・バーンスタイン

「錫の兵隊」も手描きのネズミとか投網のシーンの方が光る。
そして、アンデルセンのバッドエンドを許さずハッピーエンドに改編して満悦するアメ公感覚のディズニー。

「魔法使いの弟子」は前作の再録。通して思うのだが、手描きの水表現が素晴らしい。

魔法使いの弟子
魔法使いの弟子

「威風堂々」はミッキーだけ主演というわけでなくドナルドにもという感じだが、彼をキャスティングしてる必然性を感じない。

ディズニー すやすやフレンド ぬいぐるみ ドナルドダック (S)
ディズニー すやすやフレンド ぬいぐるみ ドナルドダック (S)

ラストのストラヴィンスキー「火の鳥」だけど、何で「火の鳥」が悪役扱いなの?

ストラヴィンスキー : バレエ 「火の鳥」 「春の祭典」 (Stravinsky and the Ballets Russes ~ Le Sacre du printemps | The Firebird / Mariinsky Orchestra and Ballet | Valery Gergiev) (Blu-ray)  [輸入盤] [日本語解説書付]
ストラヴィンスキー : バレエ 「火の鳥」 「春の祭典」 (Stravinsky and the Ballets Russes ~ Le Sacre du printemps | The Firebird / Mariinsky Orchestra and Ballet | Valery Gergiev) (Blu-ray) [輸入盤] [日本語解説書付]

手塚のクソ鳥じゃあるまいし。

火の鳥2772 愛のコスモゾーン [カラー完全版]
火の鳥2772 愛のコスモゾーン [カラー完全版]

ストラヴィンスキーのバレエの「火の鳥」は主人公を助けてくれる存在だぞ?

グリム童話 金の鳥 [VHS]
グリム童話 金の鳥 [VHS]

多分に前作の「はげ山の一夜」みたいなのを1本入れたいと思ったのだろうけど、順番がなー。

ムソルグスキー:展覧会の絵/禿山の一夜、他 - ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 ゲルギエフ(ワレリー)
ムソルグスキー:展覧会の絵/禿山の一夜、他 - ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 ゲルギエフ(ワレリー)

スティーヴ・マーティンやクインシー・ジョーンズ、ベット・ミドラーらも出演してるけど、
アニメのオムニバスの間につまんないMCを入れない方がいい。

構成からして色々と失敗作だと思う。

結局、失われた手描き技法の良さの中途半端な遺跡となってる。

手描きアニメと音楽の良さの表現だとしたら前作で事足りてるし。

ファンタジア ダイヤモンド・コレクション&ファンタジア2000 ブルーレイ・セット [Blu-ray]
ファンタジア ダイヤモンド・コレクション&ファンタジア2000 ブルーレイ・セット [Blu-ray]

posted by wolf_howling at 17:21 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月19日の遠吼え


























posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月19日

2019年11月18日の遠吼え
























posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

2019年11月17日の遠吼え


















posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

藤子・F・不二雄大全集 [42]  すすめピロン

藤子・F・不二雄大全集 すすめピロン
藤子・F・不二雄大全集 すすめピロン

後書きに板井れんたろうも書いているが手塚テイストを残しつつも、「悪い所」は排除した藤子Fワールドながらの柔らかさがある作品。

手塚治虫が特撮テレビドラマ原作版マンガとして「ピロンの秘密」という作品を小学館「小学四年生」を1960/10〜「小学五年生」1961/7に書いていて

ピロンの秘密 (手塚治虫漫画全集)
ピロンの秘密 (手塚治虫漫画全集)

同時期に藤子Fが「ピロンちゃん」というのを描いていたそうだ。

>ピロンの秘密
https://tezukaosamu.net/jp/manga/413.html

>1960年に放送されたテレビ実写冒険活劇の原作で、マンガ連載時藤子F氏も低学年用に「ピロンちゃん」と言う題名で執筆なされていました。初回だけ、手塚先生本人がお描きになられました。その初回分は手塚ファンクラブ会誌にも掲載された事ありました。「ピロンちゃん」は、現在小学館が発行している「藤子F全集」第4期版出版予定タイトルに入っています。


「ピロンちゃん」は手塚治虫が1960/09の『幼稚園』に初回のみ描いて、藤子Fが後を引き継いだ。

>ピロンちゃん
https://tezukaosamu.net/jp/manga/704.html

>「ピロンの秘密」(『小学四年生』版)の幼年向けバージョン。
1960/10の実写冒険活劇「ピロンの秘密」テレビ放送に合わせ、ひと月先駆けて始まった。初回のみ、手塚治虫が描き、第2回目以降は最終回まで藤子・F・不二雄(連載当時は藤子不二雄)が連載を引き継いだ


>藤子・F・不二雄大全集 ろぼっとろぼちゃん/かばんのぱっく ほか
http://www.shogakukan.co.jp/fzenshu/lineup/robochan.html

<ピロンちゃん(原作/手塚治虫)>
ピロンちゃん(作/手塚治虫)(幼稚園1960年9月号)
★エネルギー人をやっつけろ(幼稚園1960年10月号)
★空飛ぶめだま(幼稚園1960年11月号)
★さらわれたピロン(幼稚園1960年12月号)
★まだら仮面あらわる(幼稚園1961年1月号)
★ピロン、星の国に帰る(幼稚園1961年2月号)
★星の谷の怪物(幼稚園1961年3月号)
★空飛ぶマント(幼稚園1961年4月号)
★ケガ人を運べ(幼稚園1961年5月号)
★つかまったピロン(小学一年生1961年4月号)
★ガムの身代わり(小学一年生1961年5月号)


藤子・F・不二雄大全集 ろぼっとろぼちゃん/かばんのぱっくほか
藤子・F・不二雄大全集 ろぼっとろぼちゃん/かばんのぱっくほか

「すすめピロン 」は『小学一年生』1961年6月号〜『小学二年生』1962年4月号掲載。
藤子F連載として継続しているようだが、主人公の名前は同じでも「ピロンの秘密」とは無関係な作品。

宇宙人のピロンは、ロボット犬ぴぴを連れ、悪人を捕まえていく活躍をするヒーローもの。

ピロンは動物に伝わる言葉で話しかける事はできるが、ぴぴ側のみ動物語を聴いて理解できる。
ぴぴは、「わんわん」という犬の鳴き声か、「ぴぴぴぴ」という音を出すだけでもあるのだが。

双方、天井にはりつける能力があるが飛行能力も持っていて、ろけっとに乗っている。
飛行できれば天井に張り付く意味…とか、機能が色々と被り過ぎな気はする…。
ろけっとは故障もするのだが、ピロンとぴぴは早々に修理ができる技能を持っている上に
やたらと体当たり攻撃で敵機を破壊しているので、そちらは飛行能力だけという訳でもない。

ロボット犬ぴぴが可愛らしいのだが、被っているベレー帽は大きくなってボートにもなる。

人や物を拡縮できる光線銃を持つ悪者が出てくるのだが、スモールライト発想は既にこの頃にはある証拠でもある。

小児向けとはいえ、宇宙怪獣の子供を攫ってきたハンターが子供を助けに来た親が手が付けられない大暴れをしたので
「かえそう」ってアッサリ応じたり。

盗まれた水爆を取り返したピロンの「もう すいばくをつくらないでください」との言葉に
軍隊のトップが「そうするよ」的なラスト等を見ると、
ほんわかなのかシュールなのか奇妙な気分になる(笑)

子供マンガとして感心するのが、コマの読む順番は番号がふってあるうえに矢印があって、次がどのコマを読めばいいのか解り易くしてある。

「子供がマンガを読めない読まない」と出版社やマンガ家が騒いだところで、こういう基本からの積み重ねをしてマンガが好きな大人が形成されて来た背景を無視して、読みにくいコマ割のネームや説明台詞だらけの物をマンガでございって売ってる事側がおかしいだろと。

後書きでは今年1月末に2年も前に亡くなっていた事が報道された板井れんたろうが、子供マンガが市場的にも作品内容的にも難しくなっていると発行当時の2013年には書いていた。

>漫画家の板井れんたろうさん、81歳で死去
https://www.yomiuri.co.jp/culture/20190130-OYT1T50115/

藤子F全集の後書きは結構に寄稿者の自己紹介的な資料性も高くて、板井れんたろうの「おらぁグズラだど」とか、

おらぁ グズラだど【上】 (マンガショップシリーズ 259)
おらぁ グズラだど【上】 (マンガショップシリーズ 259)

小学三年生に連載していた「ラブタッチ先生キャンディー.」についても触れていた。
その作品に関連して子供マンガの微エロについて、藤子Fのパー子がスカートのまま飛行したり蹴りを入れていたり、しずかちゃんの入浴シーンについて触れているあたりが、成程、板井れんたろうらしい!と思うのだが、

UDF ウルトラディテールフィギュア「藤子・F・不二雄作品」シリーズ9 パーマン3号 ノンスケール PVC製塗装済み完成品
UDF ウルトラディテールフィギュア「藤子・F・不二雄作品」シリーズ9 パーマン3号 ノンスケール PVC製塗装済み完成品

ドラえもん 入浴剤 ギフトセット しずかちゃんのラブリータイムバスセット ミルク の香り OB-SZK-1-1
ドラえもん 入浴剤 ギフトセット しずかちゃんのラブリータイムバスセット ミルク の香り OB-SZK-1-1

「ラブタッチ先生キャンディー.」は子供向け作品で微エロをやってみたのは、板井れんたろうとしては挑戦だったと書いてもあったが、
ドタマジン太とか知ってる俺は、アレは『冒険王』にせよ結構にエロのギャグをやってただろうにとか思ってしまう。

ドタマジン太 (サンデーコミックス)
ドタマジン太 (サンデーコミックス)

(そういやドタマジン太の脇役ヒデ公のモデルだった吾妻ひでおもこの間、死んだね。)

失踪日記
失踪日記

小学三年生で藤子Fが「ドラえもん」と「バケルくん」を連載していて、

ドラえもん (9) (てんとう虫コミックス)
ドラえもん (9) (てんとう虫コミックス)

バケルくん〔F全集〕 (藤子・F・不二雄大全集)
バケルくん〔F全集〕 (藤子・F・不二雄大全集)

連載当時は送られて来た雑誌を読んでいなかった板井が、藤子F全集で初めて、
おまけコーナーで藤子Fがクロスオーバー作品で客演キャラとして自分のキャラを描いていてくれたことを知った事も書いてあった。

アレは藤子Fが「ゲッターロボ」のパロディとかもやってるのが読めるのは確かになかなかレアなんだけど(笑)
というか、カスラックだのが版権で訴訟だ何だとがめつくしはじめる前の大らかな時代だった証拠でもあるよなあと。

藤子・F・不二雄大全集 ドラえもん (20)
藤子・F・不二雄大全集 ドラえもん (20)

決戦!ゲッターロボG―ゲッターロボG・アンソロジー (St comics)
決戦!ゲッターロボG―ゲッターロボG・アンソロジー (St comics)

藤子・F・不二雄大全集 すすめピロン (藤子・F・不二雄大全集 第4期) [ 藤子・F・ 不二雄 ] - 楽天ブックス
藤子・F・不二雄大全集 すすめピロン (藤子・F・不二雄大全集 第4期) [ 藤子・F・ 不二雄 ] - 楽天ブックス

posted by wolf_howling at 16:44 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の記事