2017年05月27日

アラビアン・ナイト ディクソン編 岩波少年文庫(上)

アラビアン・ナイト〈上〉 (岩波少年文庫)
アラビアン・ナイト〈上〉 (岩波少年文庫)

ふと読んでみたのだが、これ子供向けにそのままでいいのか?って。

というのもディクソン編であり、冒頭にガランのフランス版が底本とあるが、ガラン版は確かに子供向けだけど、アラビア語の古写本→フランス語→英語→日本語って、あんまりな重訳だよね。

加えて、アントワーヌ・ガランは自身が入手した写本には282夜分しか無くて結末もない。なのにタイトルは「アルフ・ライラ・ワ・ライラ」=「千夜一夜物語」って書いてあるからガランは「1001話に全然足りない!」ってので無理やり他の話を追加して盛った。嘘八百や八百八町が別に八百じゃ無いように「多い」って意味だろどう考えてもとは思わなかったんだろな。

つまり、ガランが先に書いていた「シンドバッド」と、追加した「アラジン」や「アリババ」は「千夜一夜物語」じゃなかったのだ。

シンドバッド 黄金の航海 [DVD]
シンドバッド 黄金の航海 [DVD]

マギ シンドバッドの冒険 COMPLETE BOX(完全生産限定版) [DVD]
マギ シンドバッドの冒険 COMPLETE BOX(完全生産限定版) [DVD]

アラジン ダイヤモンド・コレクション MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
アラジン ダイヤモンド・コレクション MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

なのに、この本は徐に「シンドバットの航海」からスタートしてる。

内容紹介も

>ゆたかな空想に色どられたお話の宝庫『千一夜物語』.長短あわせて264編もあるふしぎな話,こわい話,おもしろい話の中から,とりわけ名高い16編を選びました.上巻には「船乗りシンドバットの航海」「アラジンの魔法のランプ」など,下巻には「アリ・ババと40人の盗賊」「魔法の馬」などを収めました.[解説 西江雅之]


選集だからタイトルは「アラビアン・ナイト」にしたんだろうけど。

何言語も経由した伝言ゲーム重訳と、
近年の研究からそれは間違いってなってる事をそのまま子供に読ませていいものかね?


聖徳太子や源頼朝、足利尊氏や武田信玄、西郷隆盛の肖像は別人だとか、

なぜ偉人たちは教科書から消えたのか 【肖像画】が語る通説破りの日本史
なぜ偉人たちは教科書から消えたのか 【肖像画】が語る通説破りの日本史

鎌倉幕府は「いいくにつくろう」じゃなかったって状態を放置して子供に読ませ続けるみたいなもんじゃね?

ちなみに今は1185説が主流だから「いいはこ」。

こんなに変わった! 日本史教科書
こんなに変わった! 日本史教科書

俺の手元のは2001年のこの本自身の新版なんだけど、これアプデしなくていいの?

文庫とかもだけど、子供に夏休みに読めだのって作品の多くは古典だのの版権切れのでそれで稼ぐビジネスモデルをまだやってるみたいだけど、ネットや青空文庫がある時代にやろうってのは聊か限界があるんじゃね?

菊池寛が訳したのが回線費用と電気代だけで読めるし。

>アラビヤンナイト 01 アラジンとふしぎなランプ
http://www.aozora.gr.jp/cards/000083/card43122.html

>アラビヤンナイト 03 アリ・ババと四十人のどろぼう
http://www.aozora.gr.jp/cards/000083/card43123.html

>アラビヤンナイト 04 船乗シンドバッド
http://www.aozora.gr.jp/cards/000083/card43121.html

なのに、この本はアラジンに関しては姫と結婚して終わりって、一般に知られてるレベルより端折りすぎだろ!

そして、この本はシンドバッドとアラジン以外に何が載ってるかというと「ペルシア王と海の王女」「ベーデル王とジャウワーラ姫」って話なんだけど、これに思い当たる話がwikipediaの千夜一夜物語のあらすじ1000夜分の方に該当すると思しい話がない!(全部目を通した。)

>千夜一夜物語のあらすじ wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E5%A4%9C%E4%B8%80%E5%A4%9C%E7%89%A9%E8%AA%9E%E3%81%AE%E3%81%82%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%98

加えて王様とか高貴な方々の発言の筈なのにP.228には「だもんで」とか、P.240には「かっさらって」とか、訳者のお里が知れる言葉遣いがそのまま掲載されてて、子供が読んでも違和感を普通は感じると思う。編集者って何の仕事してんの?

確かに、あらすじの方を参照頂ければ、脚色の多いバートン版やマルドリュス版の影響だか脚色だらけで、これだと不倫と人身売買の話ばっかりみたいな印象になりかねないから、底本どうするかは大きい。

フランス人やイギリス人が誇張したのでなく、なるべくアラビア語から訳した方が良いと思う。
まあそうすると、シンドバッドもアラジンもアリババも除外って事になるけどなW

アラビアン・ナイト〈下〉 (岩波少年文庫)
アラビアン・ナイト〈下〉 (岩波少年文庫)

posted by wolf_howling at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日の遠吼え














































posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

2017年05月25日の遠吼え








posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

2017年05月24日の遠吼え
































posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

2017年05月23日の遠吼え


























posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

2017年05月22日の遠吼え




















































posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

2017年05月21日の遠吼え


















posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

コナン・ザ・バーバリアン(2011年)

コナン・ザ・バーバリアン [Blu-ray]
コナン・ザ・バーバリアン [Blu-ray]

少なくとも字幕版でなくて吹替版でよかった。字幕を目で追うとか集中しないでいいから。

コナン・ザ・バーバリアン (字幕版)
コナン・ザ・バーバリアン (字幕版)

なんなんだろう?
こんなに集中して中身を見る気がしない映画って久しぶり。
原作が古いにせよ映像演出やドラマとして安っぽい描写だから全く引き込まれない。
ブログ書きながらのながら視聴にせよ、誰に感情移入するでもなくただ淡々と映像が流れてく感じ。

アーノルド・シュワルツェネッガーが出てる方も確かに中身はなーんにもないけどW

コナン・ザ・グレート [Blu-ray]
コナン・ザ・グレート [Blu-ray]

キング・オブ・デストロイヤー/コナンPART2 [Blu-ray]
キング・オブ・デストロイヤー/コナンPART2 [Blu-ray]

映像がクリアでCGも使ってるって事とか、アクションシーンとかそういう事でもないんだなと。

多分に逆にドラマとか求められてなくて、原作どおりにコナンがただただ大暴れさえしてればいいのに、
無理に親の仇だの女性を助けるヒーローだの余計なことしたせいだな。

あと肝心なシーンが解りづらい画とか構図とか明度とか、映像技法的にも下手くそって駄目な映画な条件が相当にいくつもある。

ロン・パールマンや

ヘルボーイ ゴールデン・アーミー [Blu-ray]
ヘルボーイ ゴールデン・アーミー [Blu-ray]

ボブ・サップも出てて、

デビルマン [DVD]
デビルマン [DVD]

主演のジェイソン・モモアはアクアマンの人なんだけど。

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 アルティメット・エディション ブルーレイセット(初回仕様/2枚組) [Blu-ray]
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 アルティメット・エディション ブルーレイセット(初回仕様/2枚組) [Blu-ray]

65歳の爺さんのシュワルツェネッガーが呼び戻されるわけだな。

>シュワルツェネッガー、『コナン』シリーズに30年ぶりにカムバック!
https://gqjapan.jp/culture/movie/20121105/w_conan/

>ジェイソン・モモア主演で“リ・イマジネーション”版『コナン・ザ・バーバリアン』が公開されたが、こちらは失敗に終わった。


流石にファンタジーも飽きられる時代で、コナンばっかじゃそろそろ無理だからレッドソニアとかやればいいのに。

レッドソニア <HDニューマスター版> [Blu-ray]
レッドソニア <HDニューマスター版> [Blu-ray]

コナン&レッドソニア [DVD]
コナン&レッドソニア [DVD]

PHICEN(ファイセン) 1/6シームレスフィギュア レッド・ソニア PL2015-86
PHICEN(ファイセン) 1/6シームレスフィギュア レッド・ソニア PL2015-86

posted by wolf_howling at 04:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五星戦隊ダイレンジャー シシレンジャーの訃報

スーパー戦隊シリーズ 五星戦隊ダイレンジャー VOL.2 [DVD]

能見達也の訃報。




そしてキリンレンジャーの反応。これで「あー・・・」って。




テンマレンジャー。







ただの訃報でない事にこれで気づく。

そして。




これがなあ・・・。

スーパーマンのジョージ・リーヴス。

GEORGE REEVES / ジョージ・リーヴス - キャンバスプリント(LARGE A3 - アーティストによって署名されました) #js001
GEORGE REEVES / ジョージ・リーヴス - キャンバスプリント(LARGE A3 - アーティストによって署名されました) #js001

ハリウッドランド [Blu-ray]
ハリウッドランド [Blu-ray]

キレンジャーの畠山麦とかの時もだけど、そういうショックは免れないよなあ。

【早期購入特典あり】秘密戦隊ゴレンジャー Blu-ray BOX 3(オリジナルアクリルキーホルダー付)
【早期購入特典あり】秘密戦隊ゴレンジャー Blu-ray BOX 3(オリジナルアクリルキーホルダー付)

リュウレンジャーが言ってるようにダイレンジャー最終回では50年後に皆で集まるし、




その時に能見達也のしてたボケ老人演技が凄く面白かったんだけど。

しかも去年にプレミアムバンダイが四半世紀前のコンテンツの玩具出した時に声の吹込みしてたのにねえ。
(不備はやたら多かったみたいだけど。

>[お詫びとお知らせ] 「戦隊職人 オーラチェンジャー&キバチェンジャー」 商品仕様に関しまして
http://p-bandai.jp/b-boys-shop/special-1000007387/

>「劇中変身音」の未収録




五星戦隊ダイレンジャー オーラチェンジャー&キバチェンジャー 戦隊職人 〜SUPER SENTAI ARTISAN〜
五星戦隊ダイレンジャー オーラチェンジャー&キバチェンジャー 戦隊職人 〜SUPER SENTAI ARTISAN〜

去年にこの写真みてたから、猶更「何故?・・・」って感じなんだよなあ。







明るくふるまってる人だっただけに。



プライドとかもあるだろうけど、先ずは家族や仲間に色々と相談するとかってのは必須。
その時に頼りきるとかは実質は無理だろうし、相手側としてもどういう態度とるとかもあるだろうけど、
自分で説明する事で落ち着いたり情報整理する事もできるとかはあると思うんだよなー。

でも、タブロイド系含めてのマスコミが一切とりあげてないのは意図的な情報コントロールって事かな?
四半世紀近く前に観てた大きなお友達ならショックとはいえ、ホントに変身出来ると信じてるような未就学児童とは扱いは当然に違うだろうに。



五星戦隊ダイレンジャー
五星戦隊ダイレンジャー

posted by wolf_howling at 04:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日の遠吼え




























posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の記事